アトピー

アトピーに足湯って効果あるの?症状が改善するのか解説

「よく温泉街で足湯エリアがあるけど、あれってアトピーに効果あるのかな?興味あるけどキズにしみたら嫌だなー…」

 

こういった疑問にお答えしていきます。

 

足湯に浸かると体がほてって血行が良くなるイメージがありますが、アトピー改善の視点からではどのような効果があるのでしょうか?調べてみました。

 

足湯につかるとアトピー改善の可能性あり

 

まず結論からお伝えすると、アトピー性皮膚炎の方が足湯に浸かると症状が改善する可能性があります。

 

後ほど詳しくご説明しますが、足湯には以下のようなメリットがあり、どれもアトピーをおさえることが期待されます。

 

・体温を上げることで血行を促進する

・免疫力がアップしアレルギー物質の活動を抑える

・発汗によって肌の保湿がすすみ、乾燥をふせぐ

 

これらの効能は日常のお風呂でも見込めるものですが、足湯であればいちいち服を脱がずに気軽に行えるメリットがあります。

 

もちろん個人の体質、アトピーの症状の具合によって症状が改善するかどうかについては大きく異なります。

 

とくに足元にアトピーの症状がある方は、普段の入浴とおなじくかゆみが誘発されてしまい、結果として掻きむしることでアトピーの悪化につながる可能性もあります。

 

アトピー性皮膚炎の方で「自分は足湯に使っていいのかな?」…と気になる場合は、まずは専門医にアドバイスをもらったうえで判断するようにしましょう。

 

足湯は副交感神経や免疫力アップが期待できる

 

 

では、具体的に足湯にはどういった効果が期待できるのでしょうか?

 

『NIKKEI STYLE』様の記事では足湯の効能を以下のように解説されています。

 

実験では15人を対象に、炭酸泉で30分間、足を湯につけた。自律神経のうち活動するときに働く交感神経の機能が抑えられたり、副交感神経が活性化したりした。

(中略)さらに、免疫機能を高める可能性も示されている。豊田氏らは10人を対象に20分間足を湯につけた後、血液を調べる実験をした。この結果、免疫をつかさどるリンパ球の一種であるナチュラルキラー(NK)細胞の活性が7人で上がった。

引用元:https://style.nikkei.com/article/DGXDZO67612920R00C14A3MZ4001/

 

記事による実験では一定時間足湯につかることで副交感神経が活性化したり、免疫機能が高まった方が多いようです。

 

こういった免疫機能を上げることによって、アトピーを発症する原因となる外部からの刺激やアレルギー物質の活動をおさえ、症状が軽減することが期待できます。

 

血行を促進したり、指根に浸かるよりも負担が少なくてすむメリットも

 

また、『温泉部』様の記事でも以下のようなメリットが紹介されています。

 

「足湯」には全身の血行を促進してくれる作用があります。そもそも体の中で最も下にある足には排出しきれなかった老廃物がたまりやすく、そのたまった老廃物が血液の流れを邪魔してしまうことで、全身の血行を悪くする原因になるのだそう。

「足湯」には足の血行を促進し、さらに足裏に溜まった老廃物を排出する効果があるので、結果として全身の血行を促進してくれるんです。(中略)

もともと「足湯」は心臓に疾患を抱えているなどの理由により、全身浴での入浴が困難な方々の入浴法として医療や福祉の分野で実践されてきました。

足にしか水圧を受けないため、急な血圧の上昇もなく入浴によるエネルギー消費量も抑えられ、非常に負担の少ない身体に優しい入浴法であるとされているんです。

引用元:https://onsenbu.net/2623

 

血行を促進するということは、すなわち「汗をかくこと」にもつながります。

 

汗をかくことで乳酸ナトリウム、尿素といった天然の保湿成分が肌のうるおいを保ってくれるので、アトピーの原因の1つとなる乾燥肌の進行、肌バリアの低下を防ぎます。

 

バリア機能が低下する理由は…?

皮膚の表面にある「角層」の肌バリアが弱くなるきっかけはストレス、エアコンの風、紫外線、スキンケアの相性、加齢、ダニ、肌のかきすぎなどさまざまです。

原因は1つだけではなく、複数の要素が組み合わさって低下するケースもあります。

これらにアトピー素因(アトピー、アレルギー性鼻炎、気管支ぜんそくなどを起こしやすい体質のこと)が過剰に反応してしまいアトピーが発症すると言われています。

 

実際に「山田皮膚科医院」様など、アトピー性皮膚炎への発汗ケアの1つとして「足湯」をすすめている医院もあります。

 

アトピーの人は汗でかゆみなどがひどくなるので、汗をかかないような生活をしがちですが、むしろ汗を強制的に出して汗のつまりを取り除くことが大切です。運動やサウナなどで汗を出すのもいいですが、足湯や半身浴が効果的です。

引用元:http://www.yamada-hifuka.jp/faq.html#171_594

 

自宅でも気軽に足湯はできる

 

「でも足湯って温泉街とかじゃないとできないんでしょ?自宅で気軽にするのはむずかしんだろうなあ…」

 

…このように思われる方も多いかもしれません。

 

しかし、少し大きめのバケツがあれば自宅でも半身浴を実施することは可能です。

 

では、さまざまな効果が期待できる足湯には正しいやり方があるのだろうか。自宅で実施する際は「容量15リットルと少し大きめのバケツに38~42度の湯を入れ、7~20分間ほどつけるとよい」と仏教大学の新田紀枝教授は勧める。汗ばんできたら終えるのが目安だ。

特にリラックスしたい人や寝付きをよくしたい人はぬるめの湯を、半身浴のように血行促進効果を期待する人は熱めの湯を使うのがコツ。温まりたい人は湯を多めに入れよう。時折差し湯をすれば温度が保てる。

引用元:https://style.nikkei.com/article/DGXDZO67612920R00C14A3MZ4001/

 

一般的な洗面器でも足湯をすることはできますが、溜まるお湯が少ない=温度がすぐさがる…ということになりがちです。

 

できれば大きめのバケツ、または大きめの洗面器を用意するといいでしょう。

 

バケツから足をだすときや、濡れたままで歩くと転倒する可能性があります。周囲には十分気をつけて、足の水気も早めに拭き取るようにしてください。

 

かいた汗は早めに拭き取る:放置はアトピー悪化の可能性も

 

足湯で汗をかくこと自体は効果的ですが、そのまま放置しておくのは衛生上よくありません。

 

しかし、汗をかきっ放しにするとかゆくなりますので、汗をかいたら早めに流しましょう。

引用元:http://www.yamada-hifuka.jp/faq.html#171_594

 

足湯で汗をかいたまま放置をすると雑菌が繁殖することにつながり、上でも書かれているようにかゆみが増えることにつながります。

 

「汗を放置→かゆみが悪化→掻きすぎてアトピーも悪化」となってしまっては元も子もありません。

 

足湯をする際はできるだけ汗をこまめに拭き取り、そのままにしないようにしましょう。

 

普段からアトピー肌に刺激を与えない服を着るのも大切

 

アトピーが気になる方は足湯だけでなく、普段身につけている洋服やパジャマもできるだけ低刺激のものを選びましょう。

 

刺激のすくない服であればそのぶん肌へのダメージやキズも抑えられるので、擦れたときに痛くなったり、かゆくなったりすることを防ぎます。

 

肌がきずつかなければ肌バリアの低下を防ぐことができて、結果的にアレルギーやウイルスの侵入を防ぐことにもつながります。

 

あまりゴワゴワしたような素材はさけて、肌触りのやわらかいコットンや、吸水速乾にすぐれた高機能ポリエステルが使われている服を選ぶのがおすすめです。

 

▼肌にやさしい服を探してる人はナノミックスをチェック!▼

「敏感肌とかアトピーでかゆくくて友達との会話に集中できない…」

「刺激が強いから服を着て外に出るのもイヤになる…」

「カラダが強くないから自分の免疫力を高めたい…」

 

こういった肌やカラダに関する悩みをお持ちの方は、ワンポイント株式会社が提供する衣類ブランド『ナノミックス』がおすすめです。

 

【通販サイト】ナノミックス通販サイト 

 

生地の糸1本1本を統一したことによる、シルクのようななめらかでやさしい肌触り、吸水速乾にすぐれたナノミックスという生地を使用することで、服を着たときのこすれやかゆみを抑えます。

 

「ナノミックスってポリエステルでしょ?化学繊維だからちょっと…」と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、はじめてポリエステル素材が登場した昭和30年代とくらべると肌触り、速乾性もコットン素材に負けないくらい大幅に進歩しました。

 

また着るだけで代謝をアップさせて免疫力の低下予防、アトピー肌を改善する効果も認められ、実際に2004年に特許(特許番号:第3884693号)も取得しています。

 

ナノミックスの特許取得内容

1.炎症性創傷皮膚組織再生機能改善促進剤

2.新陳代謝機能改善亢進剤

3.アトピー性/アレルギー性皮膚炎改善促進剤

4.潰瘍(かいよう)性皮膚疾患改善促進剤

5.免疫機能低下予防及び改善剤又は発毛・育毛促進剤

 

汗をかいてもすぐに乾く素材なのでかゆみや湿疹の予防、アトピーの悪化・再発防止にも活躍します!

 

こういった効能が評価されて、日本アトピー協会の推薦品、および国際保健協会からの認可もいただいています!

 

 

実際にナノミックスを着用された方からも、多くのお喜びの声をいただいています。

 

利用者様のお声

日付:平成22年3月2日  氏名:T 様 使用者性別:女性 使用者年齢:7歳
使用期間:平成22年3月2日 ~ 平成22年3月22日

アトピー性皮膚炎 – カサカサ肌。 4ヶ月ごろから肌に湿疹ができ、肌もかきむしってひどく病院で「食物アレルギー」と言われ、食べ物に気を付け、ステロイド剤をぬって良くなりました。 でも、成長するにつれて、特に冬になると肌が乾燥してかゆくなる事が多く、血がでてしまうほどかいてしまいます。

サポーターをするようになってから少しずつ赤みもきえて、あまりかくこともなくなりました。 まだ3週間ほどですがきれいになっていくのがよくわかります。子供も自分でサポーターをつけて頑張っているので続けていきたいと思います。

 

他にも多くのお客様から「アトピーが改善した!」というお喜びの声をいただいています。

 

詳しくはナノミックスECサイトの「お客様の声・感想」のページもご覧くださいませ。

 

いままで皮膚科でステロイド剤とかで治療してきたけど、もっとラクにアトピー肌を改善したいな…という人には、きっとナノミックスがお役立ちいただけます!

 

▼デリケート肌にも優しい服が欲しい!…という方はこちら!

ナノミックス通販サイトをチェック!