アトピー

アトピーが悪化する湿度は何%?快適にすごせる目安を解説

 

「乾燥すると肌がカサカサしてアトピーもきつくなる気がするんだよなあ・・・。ベストな湿度って何度くらいなんだろう」

 

こういった疑問にお答えしていきます。

 

アトピー性皮膚炎と湿度にはおおきな関わりがあります。

 

もし適切でない湿度の中で長時間過ごしてしまうと乾燥肌やかゆみが増大して、症状が悪化するリスクも考えられるでしょう。

 

では室内ではどのくらいの湿度ですごすのがベストなのか、何%まで低下(上昇)するとアトピーに悪影響がでてくるのか、調べてみました。

 

アトピー症状の方が快適にすごせる湿度の目安は40〜60%

 

まず結論からお伝えすると、室内で快適にすごせる湿度の目安は40〜60%です。

 

こちらは大手不動産情報サイトの「Suumo」さんでも言及されています。

 

室内で快適に過ごせる湿度は40%~60%といわれています。

しかし、外の湿度が80%、90%と高くなる梅雨時期や雨の日は室内の湿度もぐんと上がります。逆に、エアコンやストーブで暖房を使用する冬には、30%を切ったり、20%台になるなど湿度はぐんと下がります。

室内の湿度は、季節や暮らし方で変動するのです。

引用元:https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/chintai/fr_room/chintai_shitsudo/

 

もちろん「私は肌が乾燥しがちだからできるだけ湿度は高い方がいい」「蒸し蒸しするのはいやだから低い湿度の方が快適」…のように細かい部分では個人差があると思います。

 

とはいえ、この40%〜60%という湿度であればおそらく多くの方は室内で快適に活動はできるでしょう。

 

つまり、アトピーの方でも部屋の湿度はこのくらいのパーセントに保つのが適切だといえそうです。

 

湿度が低いと肌が乾燥し免疫力低下などの原因に

 

目安の下限とされている湿度40%を下回る環境で長時間生活すると、アトピー性皮膚炎にとっては主にこういったリスクがあります。

 

・肌の水分量が低下しアレルギー物質などが侵入しやすくなる

・鼻や喉の粘膜が乾燥して免疫力が低下しやすくなる

・室内にホコリが舞いやすくなる

 

…このように湿度が低すぎると体内に異物が侵入しやすくなり、さらに免疫力も下がるので「アトピーが悪化しやすくなおりにくい」という悪影響がでてしまいます。

 

アトピー性皮膚炎の大きな要因は肌の1番表面にある「角層」のバリア機能、そして体内の免疫力が弱まることです。

 

肌バリアの低下の原因は遺伝、ストレス、エアコンの風、紫外線、スキンケア剤の相性、加齢、ダニ、肌のかきすぎなどさまざまです。

1つの要素だけでなく、複数の原因が組み合わさっているケースも多数あります。

 

このようにバリア機能や免疫力が弱まると本来はガードしてくれるはずの外からの刺激に過敏になったり、体に入ってくるホコリやアレルギー物質などの「異物」に免疫が過剰反応を起こしやすくなります。

 

肌バリアの低下は乾燥によっても起こり、実際にNPO法人の「アレルギー支援ネットワーク」さんの研究では、部屋の湿度とアトピー患者の肌の水分量は近い関係にあるという旨の報告がされています。

 

患者Aでは室内の湿度の低下により、皮膚水分率が低下し、同時に症状スコアが高くなった。患者Bでも室内湿度の低下により症状スコアが高くなったが、皮膚水分率も高くなった。この患者は保湿剤の使用量が多かった。(中略)

患者Cの症状スコアは夏期には低く、11月から顕著に高くなった。皮膚水分率は夏期に高く、11月から顕著に低下した。最も重症な患者Dでは夏期にも症状スコアが高く、皮膚水分率も高かったが、秋になり皮膚水分率の低下によりさらに症状スコアが高くなった。

これらの結果から、室内湿度の低下→皮膚水分率の低下→症状の悪化という過程が考えられた。

引用元:アトピー性皮膚炎患者の皮膚水分率と住環境(https://alle-net.com/allergy/allergy-atopic/allergy-atopic05/)

 

こちらも個人の体質によっては湿度が下がってもそこまで症状が悪化しない人もいるかもしれませんが、基本的には「湿度が下がると肌の水分も下がる(=乾燥肌になる)」と考えたほうがいいでしょう。

 

湿度が高いとかゆみの原因のダニ・カビなどが発生しやすい

 

逆に目安の上限である60%以上の湿度になると、アトピーの方にとっては以下のようなリスクがあります。

 

・アレルギー源のダニ、カビが発生しやすくなる

・ジメジメした環境によってストレスがたまりかゆみが悪化

・体にまとわりつくような汗が出るのでこまめに拭かないと肌荒れが悪化

 

…肌の乾燥こそあまり起こりませんが、アトピーの原因になりやすいダニ・カビが発生しやすくなるので湿度が高すぎても問題です。

 

また高湿度だと汗自体もあまりかかず、本来排出されるはずの老廃物なども体に蓄積されてしまい、体内を刺激してアトピーが悪化する可能性もあります。

 

低い湿度は加湿、高い湿度は換気や除湿がアトピー対策に有効

 

 

湿度が高いとき、低いときにそれぞれ効果的な対策は以下の通りです。

 

湿度が低いとき

・加湿器を使い湿度を上げる

・洗濯物を部屋干しする(ニオイに注意)

・こまめに部屋を掃除してホコリが舞うのを防ぐ

・マスクをして鼻や口を湿らせる

 

湿度が高いとき

・除湿機を使い湿度を下げる

・こまめに窓を開けて換気をする

・部屋干しはひかえる

・ベッドや部屋の隅などダニやカビが生まれそうな場所を掃除する

 

…加湿機、除湿機でコントロールすることが最も効果的ですが、すぐに調整することがむずかしければ乾燥してるときはマスクをしたり、こまめに掃除をすることでできるかぎりアトピーの進行を抑えるようにするといいでしょう。

 

特に湿度が低いと上でも書いたように乾燥肌の進みも早くなるので、こまめなスキンケアも欠かさないようにしましょう。

 

普段からアトピー肌へ刺激を与えない服を着るのも大切

 

アトピーの対策は湿度に気をつかうのも大切ですが、普段身につけている洋服やパジャマもできるだけ低刺激のものを選びましょう。

 

刺激のすくない服であればそのぶん肌へのダメージやキズも抑えられるので、擦れたときに痛くなったり、かゆくなったりすることを防ぎます。

 

あまりゴワゴワしたような素材はさけて、肌触りのやわらかいコットンや、吸水速乾にすぐれた高機能ポリエステルが使われている服を選ぶのがおすすめです。

 

▼肌にやさしい服を探してる人はナノミックスをチェック!▼

「敏感肌とかアトピーでかゆくくて友達との会話に集中できない…」

「刺激が強いから服を着て外に出るのもイヤになる…」

「カラダが強くないから自分の免疫力を高めたい…」

 

こういった肌やカラダに関する悩みをお持ちの方は、ワンポイント株式会社が製造する衣類ブランド『ナノミックス』がおすすめです。

 

【通販サイト】ナノミックス通販サイト 

 

生地の糸1本1本を統一したことによる、シルクのようななめらかでやさしい肌触り、吸水速乾にすぐれたナノミックスという生地を使用することで、服を着たときのこすれやかゆみを抑えます。

 

「ナノミックスってポリエステルでしょ?化学繊維だからちょっと…」と思う人もいるかもしれませんが、はじめてポリエステル素材が登場した昭和30年代とくらべると肌触り、速乾性もコットン素材に負けないくらい大幅に進歩しました。

 

また着るだけで代謝をアップさせて免疫力の低下予防、アトピー肌を改善する効果も認められ、実際に2004年に特許(特許番号:第3884693号)も取得しています。

 

ナノミックスの特許取得内容

1.炎症性創傷皮膚組織再生機能改善促進剤

2.新陳代謝機能改善亢進剤

3.アトピー性/アレルギー性皮膚炎改善促進剤

4.潰瘍(かいよう)性皮膚疾患改善促進剤

5.免疫機能低下予防及び改善剤又は発毛・育毛促進剤

 

汗をかいてもすぐに乾く素材なのでかゆみや湿疹の予防、アトピーの悪化・再発防止にも活躍します!

 

こういった効能が評価されて、日本アトピー協会の推薦品、および国際保健協会からの認可もいただいています!

 

 

実際に着用された方からも、多くのお喜びの声をいただいています。

 

利用者様のお声

日付:平成22年3月2日  氏名:T 様 使用者性別:女性 使用者年齢:7歳
使用期間:平成22年3月2日 ~ 平成22年3月22日

アトピー性皮膚炎 – カサカサ肌。 4ヶ月ごろから肌に湿疹ができ、肌もかきむしってひどく病院で「食物アレルギー」と言われ、食べ物に気を付け、ステロイド剤をぬって良くなりました。 でも、成長するにつれて、特に冬になると肌が乾燥してかゆくなる事が多く、血がでてしまうほどかいてしまいます。

サポーターをするようになってから少しずつ赤みもきえて、あまりかくこともなくなりました。 まだ3週間ほどですがきれいになっていくのがよくわかります。子供も自分でサポーターをつけて頑張っているので続けていきたいと思います。

 

他にも多くのお客様から「アトピーが改善した!」というお喜びの声をいただいています。

 

詳しくはナノミックスECサイトの「お客様の声・感想」のページもご覧くださいませ。

 

いままで皮膚科でステロイド剤とかで治療してきたけど、もっとラクにアトピー肌を改善したいな…という人には、きっとナノミックスがお役立ちいただけます!

 

▼デリケート肌にも優しい服が欲しい!…という方はこちら!

ナノミックス通販サイトをチェック!