アトピー

アームカバーの黒ってやっぱり暑いの?白とどっちをつけるといいのか解説

「腕の日焼け気になるからアームカバー付けたいけど、黒って暑くないのかな?白とどっちがいいんだろう・・・」

 

こういった疑問にお答えしていきます。

 

日差しが強い時期になると特に女性の方で気になるのが腕の日焼け。

 

その日差しをガードするためにアームカバーをしたいと思う人も多いですが、一般的な黒いアームカバーって暑くならないんでしょうか?

 

白いアームカバーとどっちを付けた方がいいのか、調べてみました。

 

アームカバーは黒の方がUVカット性能はいい

 

 

まず結論からお伝えすると、一般的に衣類に使われるカラーで比べると、白よりも黒のほうがUVカットの性能が高いです。

 

たとえばナノミックスの白と黒それぞれの生地で紫外線をどれだけ防げるのか…というUVカット遮蔽率の実験をしたところ、以下のような結果になりました。

 

平成21年11月26日 日本繊維製品品質技術センターにて測定

 

・紫外線遮蔽率(UV)試験

・平成21年11月26日:日本繊維製品品質技術センターにて測定

・ナノミックス素材(90302)紫外線遮蔽率

・白:98.2% / 黒:99.0%

 

上記のように、白よりも黒のほうが0.8%とわずかながらですが、紫外線をより多くカットしてくれることがわかります。

 

さすがに100%紫外線をカット…とまではいきませんが、素肌で屋外で作業をするよりはよっぽど日焼けを防いでくれるでしょう。

 

アームカバーというと黒をイメージする人も多いと思いますが、「どうせ同じ値段なら、より紫外線がカットできるものを使いたい」…と考えてしまうもの。

 

そういった理由で、白よりも黒を選んでる人も多いのかもしれないですね。

 

もちろん白いアームカバー でも生地の厚いものなら黒と同じくらいのUVカット効果が期待できるものあります。

 

「黒よりも白のアームカバーが欲しいけど、でもUVカットできるか気になる」…という人は、生地の厚さやその商品の紫外線遮蔽率もよくチェックしてから購入することをおすすめします。

 

黒の方が暑いけど吸汗速乾がいい商品ならそこまで気にならない

 

では、アームカバーを付けたときの暑さはどうかというと、これも商品や個人の感覚にもよりますが、やはり白よりも黒の方が暑いと感じる人が多いようです。

 

これは色の特性上どうしても黒の方が熱を吸収しますから、仕方ないですよね。

 

白でも黒でも日差しが強い中でアームカバーを長時間つけていると、どちらにしても多少は発汗によってむれて暑くなってきます。

 

ここまで来ると、よりUVカット率を高い方をえらぶか、すこしでも暑くならない方をえらぶか…という個人の好みの話になってきますね。

 

・涼しさよりもUVカット率を優先:黒のアームカバー

・UVカット率よりも涼しさを優先:白のアームカバー

 

しかし吸水速乾性にすぐれたアームカバーであれば、汗をかいたとしてもすぐに乾いてくれるので意外とそこまで暑さでの不快感は感じないという声もあります。

 

また後からも説明する様に、白のアームカバーは長期間つけているとだんだん汚れが目立ってきます。そのような部分が気になる人はやはり黒の方がいいかもしれません。

 

もしお金に余裕があるのなら、同じアームカバーの白と黒を両方買って、どちらが自分に相性がいいのか試してみてもいいでしょう。

よりUVカット効果をあげるなら日焼け止めクリームを塗ってからアームカバーを着用

 

そのままアームカバーを着用するだけでもUVカットの効果はありますが、もっと念入りに対策をするなら日焼け止めクリームと合わせると効果的です。

 

これなら多少UVカット効果が落ちる黒以外のカラーでも紫外線を防ぐ効果はあがると思います。

 

かと言ってあまりに塗りすぎるとアームカバーをつけたときにベタついてしまうので、薄く伸ばしながら腕全体になじませるように塗っていきましょう。

 

黒のアームカバーの方が汚れは目立ちにくい

 

UVカット率の他に黒のアームカバーが白よりも優れているポイントは、「汚れが目立ちにくい」ということ。

 

アームカバーは屋外で使う場面が多いですから、いくら気をつけていてもちょっとしたきっかけで泥などの汚れがいつの間にか付いてしまいます。

 

また屋内で事務作業などで使う場合でも、ボールペンがこすれたり、飲み物をこぼしたりで汚れてしまうことがあります。

 

白のアームカバーだとこう言った場合はかなり汚れが目立ってしまいますが、黒であればよほどのことがない限りそこまで気になりません。

 

「アームカバーが汚れるから気になって作業ができない」…という心配も、黒色であればあまり起きません。

 

屋外での暑さが気にならない方や、空調の効いてる環境で作業をする方は、汚れが目立ちにくい黒の方がいいかもしれません。

 

まとめ

・UVカット率は基本的に黒>白

・日光を受けたときの暑くなりにくさは白>黒

・どちらも一長一短なので作業環境に応じて選ぼう

▼敏感肌で紫外線が気になる人はワンポイントのアームカバーをチェック!▼

「アトピー肌だから普通のアームカバーだとかゆくてたまらない..」

「つけてもゴワゴワするし、すっごい肌にストレス…」

「でも紫外線が気になるから、何もつけてないと外に出られない…」

 

こういった肌やカラダに関する悩みをお持ちの方は、ワンポイント株式会社が提供する「日よけロングアームカバー」がオススメです。

 

【通販サイト】ナノミックス通販サイト 

 

紫外線などの肌のトラブルでお悩みの方のために、着用時でも肌触りがよく、うるおい効果およびペプチドコラーゲン配合の素材「コラーミックス」を使用(ナノミックスは使われていません)。

 

従来の市販アームカバーとくらべて着用時のチクチク感をおさえ、肌へのストレスを限りなく少なくしました。

 

また吸水速乾にもすぐれているので、真夏の腕にかいた汗もすぐに放出。

 

「汗をかいて肌がかゆくなる→かきむしって肌がジュクジュクに→そこに汗をかいてさらにかゆくなる」…という悪循環を防ぎます。

 

もちろん紫外線のシャットアウト効果も高く、98.2%(白の場合。黒は99.0%)というUVカット遮蔽率によってやっかいなシミやソバカスから肌をガード。

 

「もっと外出したいけど、いままでのアームカバーはどうしても肌に合わない」…とあきらめていた方でも、腕をしっかりケアしながら快適に屋外で活動できます。

 

また紙幣などが取り出しやすく、筆記がしやすいようにすべり止め付きで指先もカットしています。

 

全長が約51.5cmと長めなので、袖が短いシャツでもしっかりと素肌をガードします。

 

野外だけでなく会社で事務作業をされる方にもおすすめです。

 

▼販売ページはこちら!

日よけロングアームカバー:ナノミックス通販サイト